感慨深い事件、様々考えさせられました

早々に梅雨が明け暑い日々が続く中、参院選も終わり自民党が大勝しました。
ただ残念でならないことは選挙期間中に安倍元首相が凶弾に倒れ急逝された事件。日本の現状や時世を鑑みても考えられないような事件だと思います。
故人の考え方等に対しては様々な意見があるのかもしれませんが、私自身は長期にわたり政治家として、また首相として日本という国をリードされてきたことは紛れもない事実であり、内政のみならず特に外交面では大きく貢献されたリーダーだと思っています。一国民として感謝するとともに心よりご冥福をお祈りするばかりです。

多くの著名人の方々が民主主義への挑戦、冒涜といった見解を出され、また警察による警備体制への疑問や批判が出ています。いずれもその通りなのでしょう。一方、私自身が事件を見ていて考えさせられたこととしては、「何故このような考え方をして、行動に移してしまう人が出てきてしまうのか。どんな環境でどんな教育のもとで育ってきたのか。」といったことです。家庭環境が複雑であるというニュースも流れてはいますが、だから何をやっても良いという事にはならない。電車内で刃物を振り回し殺傷する、あるいは会社事務所やクリニックにガソリンをまいて放火するといった最近起こった事件に対しても同じような印象をもってしまいます。組織ではなく個人の判断で起こってしまっているケースが多くなってきているような気がします。今の日本、家庭や学校をはじめとした教育の現場で何か大きく変わってきているのか、頭を捻るばかりです。

多くの方々は幼少期から周りに対してやって良いこと、やってはダメなこと等をはじめとして、様々なことを家庭で、学校で、或いは地域で教えられてきたと思います。私自身も厳しくされてきたほうだと思います。昭和の時代に。当時と比べても社会情勢や生活環境は大きく変わってきていますが、何が大事なことかを自分で考えて言動に移す、そんな基礎的な力を持てるように仕向けていくことは時代を問わず、また家庭内のみならず様々な場面で求められていると思います。

身近なところでいくと会社になるでしょうか。残念ながら「何故このようなことが起こるのか」という事案があります。やってはだめだと指導することになるでしょうし、再発防止に向けての仕組みやルールの見直しも進められることになります。一方で、もっと大事なことは物事の是非を自分で考え、判断し、言動に反映できる人材が1人でも多くなっていくこと。会社で「人材を育成する、教育する」という点において、制度や知識或いは技能といったものを対象にすることは比較的取り組みやすいと思います。もちろん重要な取り組みですが、更には社会人あるいは企業人として利己的な考えや行動に終始しない、また何事にも無気力で無関心にならないといったことを一緒に考えていくことが一層求められているように思えてなりません。忖度や同調圧力といった言葉も頻繁に聞くようになりました。そんなことを助長させてしまうような環境が無意識の中で広がっているのかもしれません。職場に問題があれば明るさや活気は生まれないし、お客様も増えることはない、何一つ良いことが無いということを社員の皆さんには是非今一度考えてほしいと思います。

さてさて、一時期コロナも少し収まってきたかと思っていましたが、ここにきて福岡県内も新規感染者数が5,000人超になり、近県でも同じように増加しています。加えてこの暑さです。そんな中、現場ではサービス提供にあたって感染防止マスクやフェイスシールド、ガウンの着用を余儀なくされており一層のストレスにつながっているはずです。ご自身、またご利用者の安全安心を確保するためにということは理解していますが、特に浴室での入浴介助等は想像以上に大変であることは間違いありません。是非とも体調管理には十分に留意していただき、長くなりそうなこの夏を乗り切っていただきたいと願うばかりです。

プロフィール

asokaigo

Author:asokaigo
麻生介護サービス株式会社の代表取締役社長 栁 倫明のブログです。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR